釧路商工会議所

北海道釧路市

TEL.0154-41-4141

〒085-0847 釧路市大町1-1-1

釧商について

"釧路商工会議所のご案内"の検索結果:2件

釧路商工会議所のご案内

設立

大正13年11月27日設立登記
入舟町8番地  予算額 3,082円
初代会頭  福井邦雄(雑貨商)
道内6番目(函館、小樽、札幌、旭川、室蘭)

対象エリア(地区範囲)

旧釧路市(現釧路市の範囲から旧阿寒町、旧音別町を除いた範囲)
商工会の組織等に関する法律が施行されるまでは釧路管内全域がエリア
各町村商工会発足時に分離

活動方針

(1)行動する会議所
(2)信頼される会議所
(3)親しまれる会議所

主たる事業活動

(1)経営サポート活動
経営に関するご相談、融資の斡旋など、企業経営の改善と新たな成長に向けてサポートする活動を実施しています。
(2)政策活動
会員の意見をもとに、国・道・市に対し建議・要望活動を展開し、商工業とりわけ中小企業の総合的な発展と地域社会の繁栄にむけた活動を行っています。
(3)地域振興活動
観光・ビジネスの推進を始め、地域の活性化・にぎわい創出のためさまざまな活動を行っています。

法的根拠商工会議所法

昭和28年法第143号

会員数

2,841件(平成29年4月現在)

 


商工会議所って?

商工会議所は「商工会議所法」という法律に基づいて設立された唯一の地域総合経済団体であり、地域内における商工業者の共同社会を基盤とし、商工業の総合的な改善発展と社会一般の福祉の増進を図り、我が国商工業の発展に寄与することを目的とした団体です。現在、全国に514の会議所が設置されており、会員数は129万社となっています。

商工会議所の特徴

(1)地域性-地域を基盤として活動している団体
(2)総合性-多種多様な業種・業態の商工業者で構成される団体
(3)公共性-組織形態や活動内容において強い公共性を持つ団体
(4)国際性-世界各国に組織されている団体

日本における商工会議所の根拠法律

商工会議所法
(1)公布 昭和28年 8月1日
(2)施行 昭和28年10月1日
(3)内容
①原則
・営利を目的としてはならない。
・特定の個人・法人・その他の団体の利益を目的として事業をしてはならない。
・特定の政党のために利用してはならない。
②目的
・地区内における商工業の総合的な改善を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資すること。

商工会議所の主な歴史

●明治11(1878)年3月日本初の「東京商法会議所」設立(初代会頭・渋沢栄一)
・商工業者の声を国の政策に反映させるために発足。
以来、行政への意見具申は、今日に至るまで最も重要な活動。
・英国の商工会議所(加入・脱退自由、会員会費により運営)を模範に設立
大阪(8月)、神戸(10月)と続き、明治18年(1885年)までに32の商法会議所が誕生
●明治23(1891)年全国の経済の発展と国際化の進展に伴い、会議所制度の強化が必要とされ条例が施行。
●昭和28(1953)年8月商工会議所の機能強化のため、幾多の変遷を経て現在の商工会議所法が成立(議員立法、同年10月施行)≪設立は国による認可制をとっているが、地域の商工業者の自主的な発意に基づいて設立≫

商工会議所の名称の変遷

明治11年(1878) 商法会議所(商工会議所の元祖)
明治23年(1890) 商業会議所
昭和 2年(1927) 商工会議所法施行・日本商工会議所設立
昭和18年(1943) 商工経済会に名称変更
昭和21年(1946) 商工経済会解散
昭和28年(1953) 現在の商工会議所法

ちなみに…世界の商工会議所は?

■世界における商工会議所のルーツ

1599年世界初の仏・マルセイユ商業会議所設立(参考:1600年 関ケ原の戦い)
・マルセイユは地中海沿岸に位置し貿易の拠点
・貿易に関する利害紛争が発生に伴う解決のため
・商人のギルド組織を母体に、国王アンリ4世の許可を得て任意組織として設立
・その後、ナポレオンの大陸遠征に伴い、ヨーロッパ諸国に広まる

■世界における商工会議所の2つのタイプ

(1)英米系
・商業者、自から任意に集まり商工業の発展を目指す
・加入、脱退自由
(2)仏独系
・行政の補助機関的性格を持った公益法人
・商売している人は全て加入
・負担金が徴収される
※日本は、(1)の英米系を採用