〒085-0847                  

北海道釧路市大町1-1-1 道東経済センタービル4階


TEL 0154-41-4141 / FAX 0154-41-4000 

新型コロナウイルスに関する経営相談窓口を開設しています【関連情報掲載】

新型コロナウイルスに関する経営相談窓口を開設しています【関連情報掲載】

 当所では、新型コロナウイルス感染症により、事業に影響を受けている中小事業者の皆様にご利用いただける経営相談窓口を開設しており、ご融資・資金繰りなどについて、ご相談をお受けしております。
 
なお、当所以外の経営相談窓口、融資制度、企業向けQ&Aなど、各機関のへのリンクを掲載しておりますので、ご利用ください。

【 当所経営相談窓口 】

TEL 0154-41-4143

※事前にご予約いただくとスムーズに対応が可能です。


国の給付金制度「持続化給付金」(経済産業省)
※法人=最大200万円 個人事業主=最大100万円

持続化給付金を申請する専用HPが開設されました ↓

申請サポート会場について  [申請サポート会場とは]

・ご自身で電子申請を行うことが困難な方のための”申請サポート会場”が
 
5/24より開設されます

開設場所は、道東経済センタービル3階会議室(釧路市大町1丁目1番1号)


・設置期間は令和2年5月24日~8月31日まで。
 ※閉設時期については申請状況に応じて変更する可能性があります。
 ※休業日は7/4,11,18,23,24,25 8/1,8,10,15,22,29
  5,6月は休業日はありません。

・新型コロナウィルス感染防止のため、完全事前予約制となります。


・予約手続きは専用ホームページ上か電話での申し込みとなります。

 ①専用ホームページから予約 会場予約フォーム
 ②電話予約(オペレータ予約) 9:00~18:00 0570-077-866

 ③電話予約(音声ガイダンス) 24時間受付 0120-835-130
  ※電話予約の際に必要となる釧路の会場番号は、【0119】です。

※その他詳細については、事務局サイトをご覧下さい。


北海道 および 釧路市の支援制度

遅くとも4/25(土)から5/15(金) (区分4は「遅くとも4/25(土)から5/6(水祝))までの取り組みに対し支給
・北海道の支援制度 「休業協力・感染リスク低減支援金」
・釧路市の支援制度 「休業等支援金」

<釧路市作成 給付及び申請のイメージ>

【区分1】※支給要件となる協力期間:遅くとも4/25(土)から5/15(金)まで
・北海道知事が休止を要請する施設を営む法人
・北海道知事が特措法によらない協力依頼を行う施設を営む法人

【区分2】※支給要件となる協力期間:遅くとも4/25(土)から5/15(金)まで
・北海道知事が休止を要請する施設を営む個人事業者
・北海道知事が特措法によらない協力を行う施設を営む個人事業主

【区分3】※支給要件となる協力期間:遅くとも4/25(土)から5/15(金)まで
・(従来から19時以降の)酒類の提供がある飲食店で、19時以降の酒類の提供を取りやめた事業者

【区分4】※支給要件となる協力期間:遅くとも4/25(土)から5/6(水祝)まで
・酒類の提供がない飲食店で、営業の休止、営業時間の短縮など感染症防止対策を実施した事業者
・酒類の提供がある飲食店で、従来から19時以降の営業を行っておらず、営業の休止、営業時間の短縮など感染症防止対策を実施した事業者


【区分1】、【区分2】、【区分3】の方の申請窓口は北海道です(釧路市への申請は不要)。

北海道の支援制度 「休業協力・感染リスク低減支援金」
申し込み期日:令和2年5月15日~7月31日まで

■申請書類一覧
 ・申請の手引き  PDF
 ・支援金の申請書 PDF 
 ・申請書の記載例 PDF
 ・誓約書     PDF
 ・誓約書の記載例 PDF

そのほか、詳しい北海道の支援制度はこちら


【区分4】の方の申請窓口は釧路市です。

釧路市の支援制度 「休業等支援金」

前掲の「北海道の支援制度 「休業協力・感染リスク低減支援金」」への上乗せ給付

【釧路市休業等支援金申請】 ※5月7日発表

釧路市独自給付分(区分④)に関する手引き、申請書等が発表になりました。
申請受付期間:令和2年5月7日(木)から7月31日(金)まで
※対象区分に関することは、釧路市HPをご確認下さい。

【概要】PDF ※4月23日発表
そのほか、詳しい釧路市の支援制度はこちら

「(至急のご案内)釧路市による新型コロナウイルス感染症に係る休業等支援金の給付について(北海道による給付に対する釧路市独自の追加措置)」を掲載しました。

「北海道の休業要請等に協力し営業の自粛や営業時間の短縮等に取り組む事業者用 店頭告知用掲示物サンプル」を掲載しました。


北海道 経営持続化臨時特別支援金(5/15発表)

道では、経営の持続化に向けた感染拡大予防のため「新しい生活様式」の実践・普及に取り組む事業者を支援
・支援金A 道の休業要請の対象で、休業にご協力いただける事業者
・支援金B 道の休業要請の対象外で、売上が大幅に落ち込んでいる事業者

北海道 休業要請等について
北海道 経営持続化臨時特別支援金(パンフレット)

「受付の開始日や期限等、制度の詳細については決まり次第別途お知らせします」となっております。
最新情報は同庁のWEBサイトでご確認下さい。


金融相談窓口

◎釧路市(新型コロナウイルスに関する金融相談窓口)
釧路市産業振興部商業労政課(本庁舎4階) 
電話: 0154-31-4611(直通)
窓口開設時間:月曜から金曜(祝日は除く)9:00~17:00

◎日本政策金融公庫釧路支店  
国民生活事業(個人企業や小規模企業向けの小口資金)
電話: 0154-43-3330  
   中小企業事業(中小企業向けの長期事業資金)
電話: 0154-43-2541
「日本政策金融公庫・新型コロナウイルスに関する相談窓口」(外部リンク) 

◎このほか、釧路市内の各金融機関も相談窓口を開設しております。

◎全国の相談窓口開設場所
経産省HP
「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口を開設します」(外部リンク)


【新型コロナウイルスに関する中小企業向け融資制度のご案内】

政府が発表しております新たな危機関連保証については、詳細が公表され次第ご案内いたします

◎マル経資金(小規模事業者経営改善資金)
 コロナウイルス感染症に関連し、制度が拡充されました〔当所HP内リンク〕

◎釧路市HP(中小企業経営安定資金/セーフティネット型)
 新型コロナウイルス関連肺炎の流行に伴い影響を受けている事業者さまへ 〔外部リンク〕

◎日本政策金融公庫(経営環境変化対応資金/セーフティネット貸付)
 新型コロナウイルスに関する相談窓口(外部リンク) 

◎セーフティネット4号、同5号保証の指定について
 詳しくはコチラをご覧ください(経済産業省リンク) 

〔危機関連保証〕
国による特例の保証制度で、一般の保証枠とは別枠で利用できます。
1.対象中小企業者 ・指定案件に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等
  が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間
  の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれること(全業種、
  ただし保証対象業種に限る)。

2.内容
  ・保証割合:100%
  ・保証限度額:別枠 2億8千万円(うち無担保保証8千万円)
※詳しくは中小企業庁HP〔外部リンク〕〔外部リンク〕をご覧ください。

〔共通事項〕
※セーフティネット保証4号、5号は併用可能ですが、同じ枠になります。
※ご利用の際は、売上高等の減少について、市区町村長(釧路市長)の認定が必要です。

◎釧路市ホームページ「セーフティネット保証制度について」【外部リンク】
「釧路市(釧路市長)の認定手続き担当窓口」
釧路市 産業振興部 商業労政課 商業労政担当
電話:0154-31-4611

◎北海道信用保証協会釧路支店
電話: 0154-23-1361 


【雇用調整助成金】

厚生労働省は3月4日、北海道における雇用調整助成金の助成率を4/5(中小企業)、2/3(大企業)に拡充することや被保険者機関要件の撤廃などの支援策の概要を発表しました。 
新型コロナウイルス感染拡大防止、売上・客数減少等に伴い従業員を全部または一部休ませた雇用保険適用事業所の事業主に対して、従業員(パート含む)に支払う休業手当を1月24日からさかのぼって助成します。
 こちらが、3月4日発表の厚生労働省のプレスリリース/報道発表資料です〔外部リンク〕

3月10日に厚生労働省より追加の情報発表がありましたので、お知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置を追加実施します
北海道は緊急特定地域として更なる追加措置がとられます。
リンク先ページの後半部分
○追加の特例措置
○追加の特例措置(緊急特定地域)向けのリーフレット→支給までの流れや必要な書類など掲載内容が北海道向けとなっておりますので、こちらをご覧ください。

3月28日 厚生労働省より特例措置の更なる拡大について発表がありましたのでお知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症の影響に伴う雇用調整助成金の特例措置の更なる拡大について


【新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴う保護者の休暇取得支援(新たな助成金制度)】

厚生労働省は3月2日、新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等により影響を受ける労働者を支援するため、労働者を有給で休ませる企業に対し助成する仕組みの概要を公表しました。
こちらが、3月2日発表の厚生労働省のプレスリリース/報道発表資料〔概要発表〕です
 
3月10日に厚生労働省より追加の情報発表がありましたので、お知らせいたします。
新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の創設について〔外部リンク〕
今後、具体的な申請日、申請先等が決まり次第公表される予定です

  
3月19日より申請受付が始まりました。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の申請受付を開始します〔外部リンク〕   

【助成金HP】 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07_00002.html

3月31日 対象期間が6月30日まで延長されました。
新型コロナウイルス感染症による小学校等対応助成金・支援金の延長について


【小学校等の臨時休業に対応する保護者支援の創設(委託を受けて個人で仕事をする方向け)について】

厚生労働省は3月10日、今般の新型コロナウイルス感染症に係る小学校等の臨時休業等に伴い、子どもの世話をするため、契約した仕事ができなくなっている子育て世代を支援し、子どもたちの健康、安全を確保するための対策について公表しました。
こちらが、3月10日発表の厚生労働省のプレスリリース「小学校の臨時休業に対応する保護者支援の創設について(委託を受けて個人で仕事をする方向け)で〔外部リンク〕です。
更なる詳細については、追って公表されます。


3月19日より申請受付が始まりました。

新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金・支援金の申請受付を開始します。〔外部リンク〕

【支援金HP】
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10231.html

3月31日 対象期間が6月30日まで延長されました。
新型コロナウイルス感染症による小学校等対応助成金・支援金の延長について


【新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における緊急小口資金等の特例貸付の実施について】

今般の新型コロナウイルス感染症の影響により、収入減少があった世帯の資金需要に対応するため、 生活福祉資金貸付制度の緊急小口資金及び総合支援資金(生活支援費)について、特例措置が設けられます 。
こちらが、3月10日発表の厚生労働省プレスリリース「生活福祉資金貸し付け制度における緊急小口資金等の特例貸付の実施について」で〔外部リンク〕です。


【納税が困難な場合の猶予制度について 税務署】

新型コロナウイルス感染症の影響により、国税を一時的に納付することができない場合、税務署に申請することにより、納税が猶予されます。


【企業(事業所)向けQ&A等】

新型コロナウイルス感染症に関する企業の方向けQ&A(厚生労働省)

リーフレット「新型コロナウイルス感染症を防ぐには」 

◎職場における新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた取組について(依頼)
 北海道知事より (一社)北海道商工会議所連合会に、感染拡大防止に向けてり協力依頼がございました。皆様におかれましては、大変な時期かと存じますが、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。


【新型コロナウイルスに関する主な相談窓口等】

厚生労働省「新型コロナウイルス電話相談窓口(コールセンター)」 
電話: 0120―565653 (フリーダイヤル)
9:00~21:00(土日・祝日も実施)

北海道保健福祉部健康安全局地域保健課  
電話: 011-204-5020
全日24時間

北海道釧路保健所  
電話: 0154-65-5811
◎平日 8:45~17:30

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »