水産加工関連事業者生産性向上緊急対策事業のお知らせ

(公財)北海道中小企業総合支援センター からのお知らせです。

北海道からの委託事業により「水産加工関連事業者生産性向上緊急対策事業」を実施いたします。

本事業は、衛生管理や生産現場改善、HACCP認証、新商品開発、販路開拓、人材育成、働き方改革など、様々な経営課題解決に取り組む意欲のある水産加工関連事業者を対象に、必要に応じて無料の専門家派遣を行うものです。

【募集期間】
令和3年4月12日~令和4年1月末日迄

【対象者】
・道内に主たる事業所を有する中小企業支援法第2条に該当する中小企業者であること。
・水産品の加工、保管、輸送、販売および水産品の加工、保管、輸送、販売に要する機械設備、容器等の製造、販売(取付工事等を含む)等を行う水産加工関連事業者であること。

【専門家派遣までの手順】
① 事業者は下記URL内にある「経営健康診断問診票」に記載し、センター札幌本部へFAXする。(FAX:011-232-2011)

※専門家の派遣を希望する場合は、問診票内の「Ⅲ.経営上のお悩みについて」の欄の「□ある」もしくは「□検討中」にチェックを入れ、その下欄に派遣指導を仰ぎたい内容を具体的に記載する。

※専門家派遣を必要とせず、別途経営課題に関する相談のみを希望する場合は、上記の欄の「□ない」にチェックを入れる。(センター職員が電話等により連絡を入れ相談対応する)

② センター職員が事業者をヒアリングし、センター登録専門家の派遣可否を判断する。

③ 派遣可となった場合、別途、所定の専門家派遣要請書を事業者からセンターへ提出し、専門家の派遣指導を実施する。

 

詳しくは、下記の事業紹介URLをご参照下さい。

【事業紹介URL】

水産加工関連事業者生産性向上緊急対策事業

令和3年度「地域課題解決型起業支援事業」のご案内

公益財団法人北海道中小企業総合支援センターからのお知らせです。

令和3年度「地域課題解決型起業支援事業」のご案内
道内で地域課題を解決するために起業する方を支援します

道内における地域課題の解決を図るために新たに起業する者に対して、起業に必要な経費の一部を補助し、事業立ち上げ等に関する伴走支援を実施する事業の申請を受付しています。

○申請期間
令和3年4月5日(月)~令和3年5月21日(金)【17:00必着】
※期限までに持参又は郵送等により提出してください。

○申請方法
募集要項をご一読の上、指定された申請書類や必要な添付書類とともにご提出ください。
※申請書等を提出する前に、事業内容や経費について事前にご相談ください。

○問い合わせ先
〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目経済センタービル9階
公益財団法人北海道中小企業総合支援センター 企業振興部助成支援G

詳細は下記URLをご参照ください。
公益財団法人北海道中小企業総合支援センター
https://www.hsc.or.jp/news/r3_regional_entre/

JETRO 「新輸出大国コンソーシアム」専門家による海外展開支援(ハンズオン支援)のご案内

JETROからのお知らせです。

2021年度の「新輸出大国コンソーシアム」専門家による海外展開支援(パートナーによるハンズオン支援)へのお申込みを現在受付中です。
海外にご関心のある企業様にご案内いただけますと幸いです。

<受付中>
===========================================
現在ジェトロでは、海外展開(輸出・拠点設立、等)を目指す中堅・中小企業様からの2021年度ハンズオン支援のお申込みを受付中です。
海外ビジネスに精通した専門家(パートナー)が、継続的な企業訪問や相談を通じて、海外事業計画の作成支援から海外販路開拓、立上げ、操業支援までを一貫して支援します。
お申込みの際には、「申込要領」と「2021年度専門家による海外展開支援応募・利用条件兼同意書」を必ずご確認のうえ、オンライン登録・書類のWEB送付をお願いいたします。

↓↓詳細・お申込みはこちらから↓↓
https://www.jetro.go.jp/consortium/apply/partner.html

【動画】新輸出大国コンソーシアム 専門家によるハンズオン支援のご紹介
https://www.youtube.com/watch?v=f5wgk5mzem0

令和2年度 北海道ゼロ・エミ大賞を募集

北海道からのお知らせです。

令和2年度北海道ゼロ・エミ大賞を募集しています!
(今回から二酸化炭素削減の取組も追加しました!)

北海道では、平成17年度に「北海道ゼロ・エミ大賞表彰制度」を創設し、毎年、道内で模範的な発生・排出抑制の取組を行っている事業所の表彰を実施しています。
この度、新たに地球温暖化防止の観点を加え、「二酸化炭素の排出抑制」の取組も対象とし、次のとおり令和2年度北海道ゼロ・エミ大賞の募集をしておりますので、ぜひご応募いただきますようお願いします。

□表彰対象
次の取組を行い、優良であると認められる道内の事業所
・ 一事業所による廃棄物等の発生・排出抑制、二酸化炭素の排出抑制又はその両方に関する取組
・ 地域の事業者連携による廃棄物等の発生・排出抑制、二酸化炭素の排出抑制又はその両方に関する取組

□応募締切
令和3年(2021年)1月15日(金)

詳細については、下記webページを参照してください。
<北海道ゼロ・エミ大賞URL>
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/re/zeroemi/index.htm

[お問い合わせ]
北海道環境生活部 環境局 気候変動対策課 民間連携担当

【12/15受付終了】テレワーク導入支援補助金(北海道)

テレワーク導入支援補助金(北海道)のお知らせ

目的
本補助金は、道内中小企業・個人事業主の皆様が行うテレワークの導入に係る経費の一部を補助することにより、道内における新型コロナウイルス感染症の拡大防止及びテレワーク普及・定着を支援します。

補助率
最大65万円(補助率3/4以内)
※補助金上限額:65万円、下限額30万円)
※補助金交付額が対象経費下限に達しない場合は、その全額を補助対象としません。

申請期間
令和2年 12 月1日~令和3年3月5日
(申請額が道の予算額を超える場合は、期間中でも受付を締め切ることになります。)

補助対象者
・道内中小企業者および法人等
医療法人、社会福祉法人、学校法人なども対象です。
※常時雇用する労働者を2名以上、かつ交付申請時点において6カ月以上雇用しているなどの条件が必要です。

補助要件を含め、詳しくは以下のサイトをご覧ください。

テレワーク導入支援補助金
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/teleworkhozyokin.htm

テレワーク導入支援補助金チラシ
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/02hatarakikata/hozyokin.pdf

テレワーク導入支援補助金申請の手引き
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/rkr/shinseinotebiki.pdf

小規模事業者持続化補助金【コロナ型】第5次の受付が追加されました

令和2年度 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】の第5次受付が新設されました。

応募締切:令和2年12月10日(東京必着)

補助対象者
商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人

対象となる事業
補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること。
A:サプライチェーンの毀損への対応
 顧客への製品供給を継続するために必要な設備投資や製品開発を行うこと
B:非対面型ビジネスモデルへの転換
 非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資を行うこと
C:テレワーク環境の整備
 従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること

詳しくは、下記の外部リンク先より、公募要領等をご確認ください。
日本商工会議所 令和2年度補正 小規模事業者持続化補助金【コロナ特別対応型】
※上記リンクに掲載されている応募書類は、商工会議所エリアに事業所の所在地がある事業者が対象です。商工会エリアに所在地がある場合は、全国商工会連合会が運営するサイトをご覧ください。

 

※一般型の公募要領はコチラ(外部リンク)

北海道海外人材待機費用緊急補助金

北海道より補助金のお知らせです。

道内企業が、海外から外国人技能実習生等を受け入れる際、国より新型コロナウイルス感染症に関する水際対策(14日間の公共交通機関不使用)に対応するための宿泊費用を緊急的に支援します。

今後のスケジュール(予定)
令和2年10月中 :受付事務委託契約準備
令和2年11月中 :受付開始

詳細は北海道HPをご参照下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/jzi/14days.htm

釧路市地元産品販路拡大事業への出品募集について

(釧路市物産協会からのお知らせです)

釧路市物産協会では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、全国で開催予定であった北海道物産展やイベント等の中止、延期等により、売上が落ちている釧路市内事業者の皆様を支援するため、WEB物産展(オンライン通信販売)を実施いたします。
つきましては、本事業に出品を希望する事業者の皆様を募集しますので、出品を希望される場合は、下記事項を十分にご確認の上、期限までにお申し込みいただきますようお願いいたします。

1 販売期間及び出品申込期限

販売期間:
第1期/ 令和2年8月~令和2年11月末を予定
第2期/ 令和2年12月~令和3年3月末を予定
申込期限:
第1期/ 8月5日(水)まで
第2期/ ※次回募集については、改めてご連絡いたします。

2 通信販売を実施するサイト

「北海道くしろ物産百貨店」 https://k-hyakkaten.com/
※釧路市物産協会運営オンラインショップ

3 応募条件

次の全ての要件を満たす事業者(法人・個人・団体を問わない)及び商品
(1) 原則、釧路市内に事務所・事業所を有する事業者で、自らが生産、製造、加工を行っている事業者又は上記事業者や団体の商品をセット商品として販売する公的な団体(道の駅など)
(2) 応募しようとする商品が釧路市内で生産、製造、加工されたものであること
(3) 食品表示法、食品衛生法等の関連法令に違反した商品でないこと
(4) PL保険に加入していること(※切り替え中などの場合は、継続申込用紙等のコピーを添付)
(5) 注文確定後7営業日以内に消費者に発送できること
(6) 出品に必要となる「6」に定める電子ファイルを期限までに提出できること
(7) 一般小売価格(消費税込、送料別)が、3,000円以上のセット商品
※セット(ギフト)商品の例
“○○○3種詰め合わせセット”、“■■■5食入りセット”など
(8) 1事業者が応募できるセット(ギフト)商品は2セットまで
(9) 応募商品については、原則オリジナルセットとすること

4 商品見積価格について

商品の見積価格の目安としては、一般小売価格(参考売価)の80%以内でお願いいたします。消費税別、送料別にてお見積りください。

5 サイト上の販売価格について

サイトでの販売価格は、一般小売価格を参考にして、釧路市物産協会にて設定いたします。送料は購入者負担で、サイトに掲載のヤマト運輸の料金が適用となり、釧路市物産協会とヤマト運輸にて精算をいたします。

6 申込に必要な電子ファイル(下記メールアドレスへ送信ください。)

(1) 商品見積提案書
WEB販売用商品見積提案書ダウンロード(Excelファイル)
(2) 商品画像データ(JPEG、GIF、PNG形式、200kb以下/枚)
メイン写真/1枚、サブ写真/5枚まで (ファイル名は半角英数字)

7 申込先

〒085-0017 釧路市幸町3丁目3番地 釧路市観光国際交流センター2階
釧路市物産協会  担当:大森様/清野様
TEL:0154-31-2011
FAX:0154-24-6170
e-mail:omori@bz01.plala.or.jp

8 商品代金の支払い

請求については、商品の発送日起算で、月末締めにて、月初5日までに釧路市物産協会へ到着するように郵送をお願いいたします。お支払いについては、月末締め翌月末に指定の口座に振り込みます。

9 受注情報の提供

釧路市物産協会からメールにて提供します。なお、宅配便用のラベル(ヤマト運輸)は郵送にてお届けいたします。複数の購入者に商品を送る場合は、誤配のないように商品の管理をお願いします。

10 留意事項

・応募データに不備がないことが確認できたものから、順次サイトへ掲載準備を進めます。
・商品がサイトへ掲載された際、その旨の連絡は行いませんので、ご了承願います。
・応募が殺到した場合など、お申込みいただいた商品をサイトに掲載できない可能性があります。ご希望に添えない場合は、誠に恐れ入りますが、ご了承いただきますようお願いします。
・商品掲載については、釧路市物産協会にて内容・見積額等を精査の上、決定いたします。必ず掲載されるわけではありませんので、ご理解いただきますよう宜しくお願いいたします。

小規模事業者持続化補助金 制度活用説明会のご案内

小規模事業者の販路拡大やコロナウイルス感染症に対応するための非対面型ビジネスへの転換等を目的とした取り組みに対し、費用の一部が補助される「小規模事業者持続化補助金」の活用を希望される方を対象に説明会を開催します。
同補助金は公募締切までに申請者自らが経営環境の分析や今後の目標設定、事業展開などの経営計画を作成して申請を行い、採択され、申請した事業を実行すると、条件により異なりますが費用の2/3~3/4(最大50万円~100万円)の補助が受けられる制度です。採択者はガイドラインに添った感染予防対策費用の一部も補助されます。
説明会では、制度概要やコロナ対応型申請書類作成のポイント、北海道や釧路市による追加支援の説明や個別相談を行います。

日時:令和2年7月7日(火)
説明会13:30~15:00
個別相談会(予約制):15:00~16:30

場所:道東経済センタービル 5階 大会議室 (釧路市大町1-1-1)

内容
第1部:小規模事業者持続化補助金の制度説明
第2部:コロナ特別対応型申請書類作成のポイント
第3部:個別相談会(予約制)

講師:中小企業診断士 新宮 隆太 氏 (RMS経営代表)

定員
説明会:15名
個別相談会:4名

※コロナウイルス感染症対策のため、マスク着用の上、ご来場ください。
※持続化給付金とは異なる制度ですので、ご注意ください。

小規模事業者持続化補助金 公募要領 申請様式のダウンロードはコチラ(外部リンク)
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 <一般型>
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金 <コロナ型>
※商工会の管轄エリアに事業所が所在する事業者は様式が異なりますので、ご注意ください。

参加を希望される方は、下記のご案内チラシをご覧の上、7月6日(月)までにお電話にてお申し込みください。

小規模事業者持続化補助金 制度活用説明会 ご案内チラシ

お申し込み・お問い合わせ先
釧路商工会議所 経営相談課
TEL:0154-41-4143